歯間ブラシ・フロス使用の口臭に対する効果

3月 3, 2021 口臭

歯間ブラシ・フロスは口臭に効果があるというお話をしたいと思います。

キラハクレンズを辛口評価!

このご時世、マスクをした状態で一日過ごすのが常となりました。会社で午後になるとマスクの中が臭う時が度々あり、外まで口臭がしているのではないか、マスクをしていない時もこんなに口臭があったのかとふと気になり始めました。

会社の同僚たちとの会話の中で、どうやら周囲も同じ悩みを持っていたということがわかりました。同僚の一人の対処法として、毎食後の歯磨きに加え、歯間ブラシやフロスを積極的に使用することにして、口臭が軽減した気がするという話でした。

早速私も真似してやってみました。恥ずかしながら40代になる今まであまり歯間にブラシや糸を通したことがありませんでした。最初はおそるおそるで通りにくく、時間がかかりました。なんとか歯間に通った時も妙な違和感と気持ち悪い感覚しかなかったです。ショックだったのは、最初使用した時にフロスがとても臭ったこと、歯磨きを毎食後していながらも、食べかすが思ったよりたくさん出てきたことでした。これは口臭の原因になってもおかしくないと感じました。

それ以来、毎食後とまでは行かなくとも一日に1?2回はブラシかフロスを通す習慣を作るようにしました。慣れていくと歯間に通すのも楽になり、最初にしていたフロスの臭いもしなくなりました。

同僚が言っていたように、マスクの中の臭いも前ほど気にならなくなりました。

長年、歯間ブラシやフロスですきっ歯になることを懸念していた部分もあるのですが、きちんと自分に合ったサイズのものを使用していれば心配ないようです。むしろ前よりも食べかすが挟まりにくくなったような感じさえします。

口臭だけでなく歯周病予防などオーラルケア全てにつながると感じているので、これからもブラシやフロスを使用していく習慣を続けたいと思います。

投稿者: hanmayuuzirou