カテゴリー: 生活

キャッシングの申込みで同時に何社も利用するのはリスクが存在する

キャッシングの審査に受かる自信がない人は、落ちたことのことまで考えて、あらかじめ何社かに同時に申込むということをしようと考えているのではないか?と思います。

それは良い手段のように思えるかもしれませんが、結果的には審査に落ちる確率を高めている状況とも言えるのです。http://www.killmelisa.com/

つまり、逆効果になっているとも言えるので知っておかないといけません。

キャッシングの申込みにおいては他社の申込み記録のようなものもチェックされているので、他の会社に同時に申込みをしていたら、それがバレるような仕組みになっています。

全ての会社が他社への申込みが確認されたら不利に扱うというわけではないものの、審査に影響する会社が少なからず存在すると言えます。

だから、同時に何社にも申込んでおくということは逆効果になりかねないという知識は頭に入れておいた方が良いです。

非正規雇用でも消費者金融のキャッシングの審査は通ることが多い

消費者金融のキャッシングを利用したいと思っていても、非正規雇用の方が利用するにはハードルが高いと思われがちですが、実際はそうでもありません。アルバイトや派遣社員などの非正規雇用の方であっても毎月安定した収入があれば、キャッシングの審査に通ることが多いです。

プロミスでバレずに借りる3つの秘策!家族や同僚に内緒でキャッシングできる決定版

逆に審査に通らないケースとして考えられるのは、毎月安定した収入がなかったり、他社の消費者金融から既に多額の融資を受けている場合や信用情報機関に過去に延滞した記録がある場合には審査に落ちやすくなります。ですから、こうした事実がなければ非正規雇用の方であっても毎月安定した収入さえあれば、それほど消費者金融のキャッシングの審査に不安がることはありません。

銀行カードローンに保証会社が絶対必要な理由

銀行系カードローンに申込んだ経験がある人は、保証会社の審査を受けた経験があると思います。例えば三菱東京UFJのバンクイックではアコムが保証会社になっています。銀行系カードローンの中に、保証会社が要らない銀行は存在しないのでしょうか。

プロミス審査

1.全ての銀行系カードローンは保証会社をつける

残念な事に全ての銀行系カードローンは保証会社をつける事になっています。これは、銀行の現在とっているリスクを判別する規制指標となるバーゼル規制を仮に個人に対して無担保で貸した場合、住宅ローンや事業者への貸出しと比べ恐ろしく高い数字でリスクを計上しなければいけないからです。簡単に言えば『個人に対して無担保で貸出した資金は、帰って来ないものとしてバーゼル規制を計算する事』といったお達しが金融庁からあります。このままでは銀行系カードローンを行うとバーゼル規制を簡単にオーバーしてしまいますが、保証会社を間に置く事により保証会社の少ないリスクを計上すればいい事になりますので、保証会社は銀行系カードローンにとって必須になるのです。

2.ギアを入れずにアクセル全開

バーゼル規制が無くなり銀行系カードローンが仮に保証会社をつける事なく個人に融資できれば、もっと銀行系カードローンの貸出し残高は伸びるでしょう。政治家は銀行に貸し出せと金融緩和をしていますが、一方でバーゼル

規制を守れと無理な規制緩和を押し付けています。今必要な政策は金融緩和ではなく規制緩和なのですが、ギア(規制緩和)を入れずにアクセル(金融緩和)を吹かしてなんで銀行は融資しない等滑稽な事を言っているのです。

3.銀行系カードローンで審査に落ちたなら

銀行系カードローンは上記で述べたように保証会社をつけます。保証会社の大手は、アコム、プロミス等で様々な銀行系カードローンの保証を担っています。つまり、保証会社が同じ所では銀行系カードローンが違えども、審査結果は変わりません。銀行系カードローンの審査に通るコツは保証会社にあります。100パーセント子会社のグループ企業が保証会社になっている所や、保証会社と複数提携している銀行系カードローンを狙いましょう。

いかがでしたか。銀行系カードローンは保証会社に注目して審査を受けて下さい。思わぬ発見がありますよ。