年齢とともに変化する髪事情

10月 7, 2020 育毛

若いころは綺麗だった髪も、年齢とともに変化します。
加えて紫外線や乾燥といった外的要因で、髪へのダメージは計り知れません。

加齢とともに多く聞かれる代表的な悩みは、
  ハリ・ツヤがなくなった
  白髪が増えた
  ボリュームがなくなった
ではないでしょうか。

http://aurelie-r.com/

私自身、若いと言われる年齢はとっくに過ぎ去り、白髪が混じりの髪へと変化しました。
カラーリングをしても2週間ほどで地肌付近の白髪が目立ち始め、カラーリング剤で、髪が痛んでバサバサに…。
おまけにボリュームも年々なくなり、束ねるとつむじ付近の地肌が見え隠れする始末で、なんだかハゲているようで非常に見栄えが悪い。

若くないとは言っても、まだ毎日外出するので、身なりは気にします。
最近の髪のお手入れのお気に入りは、カラーリンスとスカルプケアローションです。
カラーリンスは毎日する必要はありますが、自然に染まってくれて髪へのダメージも補ってくれる優れものです。
カラーリングだと染めるタイミングによって、白髪の目立つ時期が存在しますが、カラーリンスは毎日安定して染めているので、染めるタイミングによる色ムラがありません。

スカルプケアローションは、使い始めてから抜け毛が減り、ボリュームが少し復活したような気がします。
加齢により、髪へのケアプロセスが増えていくのは仕方がないことなのかもしれません。
若さは無条件に素晴らしいなと日々痛感していますが、若いころには簡単に出せなかった髪の色が今白髪のおかげで出せているので、それを楽しみたいを思います。

投稿者: hanmayuuzirou